呪いVS笑い!!命を賭けた青春漫才読切41ページ!!

だいたい見開きごとに書いている一言感想です。一緒に読めば追って実感できるはずです。一緒に読みましょう。手にとって、ネクストを片手に!

作家紹介を読むと、ボツの怨念がタイトルに込められたように思うけど?

白と黒の荒々しい描線だけど、トーンの使い方が?白い部分が埋没しているような?モブキャラの個性とか…。

ダイナミックな描線だけど、顔と身体の印象が…。差別化の部分かな。スゴイ美少女出てきた。

面白い扉絵。女の子が本来の絵柄かな?『笑』は、マンガのテーマとして、難しい気がするけど…。

これは、可哀想なモンスターの話かな?顔が怖い、という表現も難しい。

O塚アイwwwヒロインの登場には、演出がもう一工夫欲しい。

お、男の子だったのか?モブっぽくないとは思ったが…。ネコは生きている?

ネコ帽子が超常現象か分かりかねない。。。笑いのテーマに奥行きがあるかな?

確かに、O塚さんは可愛い。酒井さんは、男の子よね??

笑の解説、ボケ・ツッコミをマンガで表現するのは難しい。

これは結構、面白い。笑の感覚を共有出来る。

心の交流的なモノかな?AKB的なネタが出てくるのも現代的ですね。

別死神もカワイイ。。。魔界の世界感が面白い。死神って魔界だったか?

人を笑わせたことがないって殺されるレベルなんだろうか?主人公がボケをやるってのは、ダメなのかな?

ふーむ。ツッコミってみたことはあるけど、やったことある人は少ないのだろうなぁ。

『努力』の部分の説得力。。。

この絶望感は良いかも知れない…。O塚さんが笑ってないかな??

ここで裸踊りをするくらいの思い切りが欲しいけど??

これは結構、サワヤカだな。本人はカウントされないのかな??

これは結構良い感じだな。この答えの出し方は『新しい』。お゛ん。

ちょっと語りが多すぎる気がするけどサワヤカなオチ。