f:id:kuro021570445kun:20170108185222j:plain

お風呂に入ると肌表面が水分に覆われて乾燥肌が治ったと感じる人もいます。しかし実際は肌表面を覆っている保湿成分がシャンプーやボディソープによって洗い流されているので、お風呂上がりは肌が非常に乾燥しやすい状態です。湯気で水分補給ができるお風呂場を離れると、乾燥した空気に触れてどんどん水分が奪われてしまうので、お風呂から出たらすぐに保湿しなければなりません。10分以内に化粧水を塗ると水分の蒸発を防ぐことができます。乾燥肌の人は水分が浸透しにくいので、数回に分けて化粧水を馴染ませます。次に化粧水だけでは水分しか補えていないので、乳液とクリームで油分をプラスします。油分の多いスキンケア商品はすり込むように塗ってしまうと摩擦が起こって肌バリアを壊すので、広く薄く塗ることを意識します。乾燥が悪化している時は、ホホバオイルなど塗り心地がサラッとしたオイルを広げます。ホホバオイルにはワックスエステルという成分が含まれており、これは人間の皮脂膜に似た性質を持っているので非常に保湿効果が高いです。脱衣所が乾燥しやすい家に住んでいる人は、お風呂場の中で化粧水を塗るところまで保湿して、脱衣所で油分を加えると良いです。